お知らせ

  1. 年末年始について2020.12.24
  2. わが国におけるグローバル外為行動規範の遵守プロセス事例の掲載について2020.12.15
  3. ゴールデンウィークについて2020.04.17
  4. 在宅勤務について2020.04.17
  5. グローバル外為市場委員会(GFXC)からの注意喚起公表について2020.03.27
  6. 新型コロナウィルスについて2020.03.19
  7. 推奨ブラウザのご案内2020.03.17
  8. フォレックス・セミナーの延期について2020.02.12
  9. フォレックス・セミナーの開催について2020.01.15出力用PDF

年末年始について

令和2年12月24日
東京外国為替市場委員会

クリスマス近辺は欧米主要市場が休暇となり、また年末年始は東京市場が連休となることにより、市場参加者が減少するほかコロナ禍で在宅勤務体制も継続しているため、為替市場の流動性が大きく低下する可能性があります。
十分に注意して取引を行うようお願いします。

わが国におけるグローバル外為行動規範の遵守プロセス事例の掲載について

令和2年12月15日
東京外国為替市場委員会

グローバル外為市場委員会(GFXC)では、グローバル外為行動規範について、様々な法域・業態における遵守意思表明先が、意思表明に至るまでの考慮事項や事務プロセス等を整理した事例(ケース・スタディ)を公表しております。この度、東京外国為替市場委員会メンバー(バイサイド)が作成したケース・スタディがGFXCのホームページに掲載されましたので、お知らせいたします。詳細につきましては、下記リンクをご参照ください。

https://www.globalfxc.org/case_studies.htm

ケース・スタディは、外為行動規範の意義に対する理解深耕や、市場参加者の遵守意思表明の支援を目的としています。具体的には、「比例原則(proportionality)」の適用に対する考え方を中心に、社内体制に取り込もうと考えたきっかけや、遵守意思表明に至るまでに実際に取ったステップ等を整理し、情報発信しています。

ゴールデンウィークについて

令和2年4月17日
東京外国為替市場委員会

ゴールデンウィークは東京市場が長期連休となり、緊急事態宣言に伴う対応により、例年より更に市場参加者が減少することが予想されます。またこれに加え、一部の金融センターにおけるロックダウンや緊急事態宣言に伴い、市場参加者がより多くのオペレーショナルリスクに直面する可能性があります。連休前後は、為替市場の流動性が大きく低下する可能性がありますため、十分に注意して取引を行うようお願いします。

ケース・スタディは、外為行動規範の意義に対する理解深耕や、市場参加者の遵守意思表明の支援を目的としています。具体的には、「比例原則(proportionality)」の適用に対する考え方を中心に、社内体制に取り込もうと考えたきっかけや、遵守意思表明に至るまでに実際に取ったステップ等を整理し、情報発信しています。

在宅勤務について

令和2年4月17日
東京外国為替市場委員会

市場参加者は、自身の業務の内容や複雑性に応じ、グローバル外為行動規範の下記およびその他の原則に注意して取引を行うようお願いします。
特に、在宅勤務等の通常と異なる環境下にて取引を行う市場参加者は、自社のオペレーショナルリスクを踏まえたうえで、事前に必要なコミュニケーションを、顧客やカバー先等の取引相手と入念に行う等の準備をお願いします。

不明点等ございましたら東京外為市場委員会委員までお問合せください。

グローバル外為市場委員会(GFXC)からの注意喚起公表について

令和2年3月26日
東京外国為替市場委員会

グローバル外為市場委員会(GFXC)から3月26日付で以下の注意喚起が公表されております。昨今の外国為替市場をはじめとする金融市場での状況を踏まえ、十分注意して取引を行うようお願いします。

仮訳(詳細は原文をご確認下さい)
https://www.globalfxc.org/press/p200326.htm

グローバル外為市場委員会(GFXC)は現下の外為市場環境について声明を発表

2020/3/26日

今月に入り、世界の金融市場ではボラティリティが大きく上昇しており、月末のベンチマークフィキシングにおいては、市場参加者が通常より多く取引を行う可能性があります。これに加え、一部の金融センターのロックダウンに伴い、市場参加者がより多くのオペレーショナルな制約に直面する可能性があります。こうした可能性を考慮すると、非常に大きなボラティリティと価格変動という状況が、今後数日のフィキシングにおいて観察される可能性があります。

GFXCでは、このような状況が市場機能と市場参加者の取引に及ぼす影響を軽減するため、市場参加者に以下を推奨します。

  • マーケットの状況及び取引及びオーダーがマーケットに与え得るインパクトについて適切に検討すること(原則12)
  • 自己が依頼し引き受ける取引に伴うリスクを認識すること(原則9)
  • 自己が受ける執行サービスについて確り理解すること(原則9)
  • 透明性のある手法で、かつ、かかる取引を受諾することにより負うリスクに見合ったプライシングを行うこと(原則10)
  • 相当規模のマーケットインパクトを生じる可能性のあるオーダーを取り扱う際は、特に細心の注意を払うこと(原則10)
  • オーダーの受領及び執行に関する内部ガイドライン及び手続に従うこと(原則10)
  • オーダーを公正かつ透明性をもって取り扱うこと(原則9)

前例のない現下において、GFXCは、市場参加者に対して、自身の行動が、頑健、公正で、開かれた、適度に透明性の高い外国為替市場の維持に資するものとなるように十分認識することを推奨する。その背景は、市場参加者が、適切な行動基準に従い、市場情報を反映した競争的な価格で、安心して効果的に取引を行えるようにするためである。

新型コロナウィルスについて

令和2年3月19日
東京外国為替市場委員会

新型コロナウィルス流行の影響により、為替市場をはじめとする金融市場全体のボラティリティが大きく上昇し、流動性の低下も顕著に見られるようになっております。こういった状況に十分注意して取引を行うようにお願いします。

推奨ブラウザのご案内

令和2年3月吉日
東京外国為替市場委員会

当委員会ウェブサイトのデータセンターにおいてセキュリティ機能強化を目的にシステム更新が予定されております。
3月31日夕刻以降に閲覧される場合下記のブラウザを推奨致します。

PC用ブラウザ:

Google Chrome ver.38以降

FireFox ver.27以降

Internet Explorer 11以降

Microsoft Edge

Safari ver.7以降


スマートフォン用ブラウザ:

Google Chrome ver.38以降
(Android 5.0以降
)
Mobile Safari 5 for iOS 5以降

詳細につきましては以下のリンクをご参照ください。
https://jp.globalsign.com/support/faq/595.html

フォレックス・セミナーの延期について

令和2年2月12日
東京外国為替市場委員会

拝啓

時下ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。
2月17日開催予定のフォレックス・セミナーですが昨今の新型肺炎の状況を鑑み、当面延期とさせていただきます。
今後の日程につきましてはあらためて当委員会ホームページなどでご報告致します。尚、既にお申し込みを完了いただきました皆様へのご対応について当委員会より個別にご連絡致します。本件について何卒ご理解を賜りますようお願い致します。

敬具

フォレックス・セミナーの開催について 令和2年2月17日(月)

令和2年1月吉日

出力用PDF

拝啓

時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
さて、東京外国為替市場委員会主催、日本フォレックスクラブ協賛のフォレックス・セミナーを、下記要領にて開催致します。参加ご希望の方は、2月7日(金)までに、添付の記載要件につきメールに御記載の上、下記アドレスまでお申し込み下さい。なお、今回も開始時間が18:00(受付開始は17:30)からと、従来よりも早くなっておりますのでご注意ください。また会場の都合により、定員になり次第締め切らせて頂きます。予めご了承ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

敬具

1. 日時 令和2年2月17日(月) 18:00〜20:15(受付開始17:30)
2. 場所 野村證券株式会社 6階大会議室
東京都千代田区大手町 2-2-2 アーバンネット大手町ビル
3. プログラム(予定)
-開会御挨拶-
18:00〜18:05
東京外国為替市場委員会 議長
中村 直人 氏
-第一部-
18:05〜19:05
『(仮)内外金融市場、国際資本移動情勢と為替相場の展望 ~ドル円=異例の動意欠乏症はいつまで続くか?~』
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 チーフ為替ストラテジスト
植野 大作 氏
-休憩-
19:05~19:15
-第二部-
19:15~20:15
『(仮)クロスアセットと為替予測:クオンツ手法に基づく短期予測』
野村證券 市場戦略リサーチ部 クオンツ・ストラテジスト
高田 将成 氏
-閉会-
20:15頃予定
4. 参加費 お一人 5,000円(含む軽食)、事前口座振込とさせて頂きます。

振込み口座:三菱UFJ銀行 日本橋支店
普通預金 4191846 東京外国為替市場委員会

尚、締切日以降キャンセルされた場合、参加費の返金は致し兼ねます、ご了承下さい。
また、第一部もしくは第二部だけの聴講は、ご遠慮下さい。
5. 本件照会先 上田東短フォレックス株式会社 石川昌信(TEL 03-5200-2509)
リフィニティブ・ジャパン株式会社 宗川雄視 (TEL 03-6441-1371)
6. 本件申込先 上田東短フォレックス株式会社 石川昌信 宛
受付確認は電子メールにて行います。
E-Mail ishikawa@ut-forex.com
TEL 03-5200-2509
103-0022 東京都中央区日本橋室町4-4-10 東短室町ビル8階
原則、FAXでの受付はしておりません。ご了承下さい。